理想と現実のギャップとその対処法

仕事において、理想と現実のギャップを埋めるために考えておきたいことは三つあります。
一つ目は、あまり大きな理想を持ち過ぎないということです。これは、自分自身が思い描いている理想が、あまりにも現実とはかけ離れたものである場合、現実とのギャップを知った時のショックが大きくなるからです。下手をすれば、ここで心が折れてしまいかねません。仕事の目標などが、現実において可能なことなのかどうなのか、しっかり考えておく必要があります。
二つ目は、ギャップを埋めるためには、何が必要なのかと徹底的に探るようにすることです。自分が思い描く結果のためには、何をすべきなのか、自分自身には何があって何が足りていないのか、見極めるようにするといいでしょう。その際に大切なことは、自分が憧れている先輩や優秀な同僚を参考にすることです。本などを読んで、情報を収集することももちろん大事ですが、身近にいる人達がどのようにして目標に向かっているのかを見るのも大いに役立ちます。
三つ目は、自分が出来ることが始めていくことです。大きな事を成し遂げたいのであれば、それに伴った努力が必要になります。身の丈に合わない目標を持って、現実を目の当たりにし、ショックを受けて立ち直れなくなるようなことはあってはなりません。ですので、小さいことからでいいので、自分が一番良く出来ることは伸ばすようにし、苦手と感じていることは、少しずつでいいから改善していくようにしていきましょう。
「身の丈に合わない」ことではなく、「身の丈に合った」ことを目指すのが、ギャップを埋めるために最善の道なのです。