挫折を味わうのも悪くない

仕事や私生活において、様々な人が夢や理想を抱いて生活しています。
それが目標となって、毎日を頑張ることができているので非常に良い事なのですが、そこには大きな危険も潜んでいます。例えば、自分の店を持つという夢を叶えたとしましょう。そこで成功して経済的に安定させ、家族からも尊敬されたいという思いを抱くとします。もちろん、その理想に向かって日々の仕事を頑張るのですが、思うように売り上げが伸びず、最終的には借金と家族からの不満が積み重なっていくという現実にぶつかるかもしれません。その時に、理想と現実のギャップを感じ「こんなはずじゃなかったのに」と挫折を味わうことになるのです。
挫折を味わいたいという人は、いないでしょう。辛い現実も起こり得るというリスクがあるので、あれば新しい物事に挑戦したくないという人がどんどん増えていっているのです。それは、人としての成長が止まることを意味し、非常にもったいないことです。挫折や窮地に立たされたときこそ、人は本来の力を発揮するものです。
どうすれば立て直すことができるのか、どうすればまた前を向いて歩けるのかを必死に考え、とにかく前進しようと行動を起こします。これが人としての成長なのです。人として強くなりたい、成功したいと思うのであれば、挑戦することをやめない勇気が必要です。
また、万が一挫折をしたとしても、それを成長するためのチャンスだと思い、問題解決に尽力を注ぐことによって一回りも二回りも成長することができるのです。